結婚式のムービーについて

最近では結婚式で上映するムービーを新郎新婦自身が自作する事が増えています。その理由は、費用削減です。映像作成の専門会社へ依頼する事も可能です。プロに作ってもらうと素敵な作品が完成しますが、その分費用が掛かります。しかし、自分たちで作成する場合は、その費用が掛かりません。編集ソフトが必要になる場合がありますが、高い買い物ではないからです。また、新郎新婦がどのような構成にするかなどを相談することによって、二人の共同作業として楽しむという人も増えています。お互いの写真を見ながら、参列者にどのようなメッセージを伝えたいか等を相談するという作業は結婚式をする為には重要な事です。そのため、二人の気持ちを確認する意味もあって、自作することにこだわっている新郎新婦も増えています。パソコン操作が苦痛でない人は、是非自作してみてください。

結婚式の余興にムービーを作成しよう

最近の結婚式では余興に自作のムービーを流す人が多くなってきています。新郎新婦の友人や知人にお祝いのコメントをもらったり、自分たちで面白映像を作って新郎新婦を喜ばせたり様々なムービーを作ることが出来ます。是非そんな結婚式の余興に、心を込めてムービーを作ってみましょう。最近ではインターネットを利用すれば簡単に作ることが出来るものもあります。音楽を入れたり、写真を加工したり、様々な技術を用いることが出来るので大変便利です。編集作業も簡単にできるので、みんなから写真やコメントを集めて印象深いものを作ってみましょう。きっと新郎新婦が大喜びしてくれるはずです。二人の結婚式に、感動の演出などしてみてはいかがでしょうか。最高のプレゼントになること間違いなしです。是非二人の門出を祝して、良い作品を作ってみましょう。

友人が結婚式とパーティのムービーをくれました

結婚式と結婚披露パーティーを都内で開いたことがあります。もう7年前のことでした。結婚式は、神社で執り行いシンプルなものにしました。カメラマンは頼んでいたので、写真はたくさん撮ってもらいましたが、ムービーのほうは誰にも頼んでいませんでした。結婚披露パーティーも同じで、写真のみでした。動画を頼まなかった理由は、普段撮影する習慣がなかったからです。そんな感じだったので式とパーティの後で、友達から一本のDVDが送られてきたときには本当に驚きました。タイトルもついていて、さっそく再生してみると、式とパーティの映像でした。その友達が気を利かせてずっと撮影していてくれたようなのです。全く期待していなかったのでうれしかったです。そして、7年たったいま、見返してみると、写真にはない感動がありました。見ていて恥ずかしいですけど、あってよかったです。