一般人でも一生に一度くらいはプロフィールビデオ制作

プロフィール(又はプロファイル)は、英語でprofile。人の略歴などと言う意味になります。自己紹介と言う程、堅くて重い感じではなく、あくまでも略歴。軽い自己紹介というような意味合いで取られる事が多いです。雑誌等で、不特定多数の人向けに、アイドルや芸能人の紹介を行う際に使われる場面を見かけた事がある人も多いかと思います。そうした場合は、誕生日や年齢等の情報が文字の形式で表される事になりますが、そうした内容を動画で表現したものがプロフィールビデオとなります。

一般人でもSNS等でプロフィールを不特定多数の人に公開する場合が近年では増えていますが、結婚式等のイベントでプロフィールビデオを公開する場合もあります。そうした場合、プロフィールビデオ制作は、要するにビデオ撮影、動画の制作という事になりますので、ある程度の専門知識と機材が必要になります。その為、特に結婚式のプロフィールビデオ制作については、専門の業者も存在します。自力で制作する場合には、撮影機材と編集ツールがほぼ必須となってきます。撮影機材は、携帯電話の動画撮影機能でも不可能ではありませんが、さすがに画質と撮影可能時間に問題がありますので、小型のビデオカメラか、せめて動画機能付きのデジタルカメラが欲しいところです。カメラを固定する為の三脚の類も、無いと動画がぶれてしまいます。

また、それらの機材を操って、プロフィールビデオに映る二人を撮影する人手の事も考えなくてはなりません。そうして撮影した後は、編集作業が待っています。現在では撮影した内容をデジタル情報として、パソコンを用いて動画編集を行うのが一般的ですので、その為に編集ツールの知識が必要となってきます。編集ツールは無償で手に入る物もあり、動画の不要な部分をカットしたり、吹き出しや演出を挿入したりする事で、テレビ番組のように編集する事が出来ますが、そもそも編集に使う吹き出し等の素材を用意する必要もありますので、なかなか手間がかかる作業です。普段から仕事や趣味で動画を編集している人ならともかく、そうでない人がいきなり撮影から編集までをこなすのは、あまり現実的では無さそうです。専門の業者に依頼すると、この辺りのプロフィールビデオ制作の作業を行ってくれます。結婚式の思い出として長く、もしかしたら一生の資産になるかもしれないものですので、ちょっとお金がかかっても、結婚式のプロフィールビデオは業者に制作を依頼するのも良いかもしれません。