一世一代、結婚式のプロフィールビデオは洗礼だ

結婚式で流される、プロフィールビデオってご存知ですか。あれってもう結婚式のド定番になっていますよね。どうしても省きたくても、みんな結構期待してるんですよ。仕方ない、面白いビデオをつくって会場を沸かせないといけないな、なんてとっかかりはあくまで会場の皆さんへのおもてなしの一環として、入り口はそんな感じではないでしょうか。でも色々資料を集めるうち、自分の記憶を掘り下げていくうち、自分史に触れる事になるんです。じっくりと今までの自分の生い立ちを辿って自分を見つめなおす事って、そうない事です。自分を見つめなおすいい機会になります。作業を進める内に、いつのまにか自分の為になっているのです。人生の門出を迎えるほんの少し前に、育ててくれた両親、一緒に育った兄弟、友達、すべての人たちに対して自然と感謝の気持ちが湧いてきて、良い結婚式を迎えられるでしょう。

結婚式のプロフィールビデオを良い物にするには

結婚式に出席したことがある方はプロフィールビデオを見たことがあるのではないでしょうか。新郎新婦の歴史を簡単に知ることができます。プロフィールビデオの作り方(コツ)を知っておくと無知で作るよりも良い作品を作ることができます。少しですが注意したほうが良い箇所を挙げていきます。まずは写真の選び方です。縦長の物より横長の物を選ぶほうが良いです。理由は式場のスクリーンが横長のことが多いからです。縦長ですと左右に空白ができてしまいます。新郎新婦の歴史だけではなく、家族やゲストの歴史も詰め込むことが大切です。こうすることで、ゲストの皆様も楽しむことができます。音楽の選び方は会場をしっとりさせたいならバラード、その逆の場合は明るい曲を選びましょう。明るい曲からバラードに切り替えると、しっとり感を強めることができます。映像の最後にゲストの皆さんに感謝の言葉を伝えましょう。

結婚式のプロフィールビデオは要になるものです。

結婚式のプロフィールビデオは要になるものです。本当にそう感じます。実際に式を行う際に必ずと言っていいほど、行われる手法ではあります。しかし、なかなか無くならないのは、やはり心地いい瞬間であるからなのです。だから、これだけは人任せにせず、じっくりと自分も関与していくべきであると考えています。そうでないと絶対にイメージが自分の描いていたものと違ってくるのです。そこが非常に重要なポイントとなってきているのです。自分の好みは自分にしかわからないのです。それをうまく人に伝えていくためには、自分がしっかりと把握していなければいけないのです。カット割りまで考える必要は無いのですが、ある程度のビジョンは持っていくべきなのです。細かいことは後で十分に修正を行っていけばいいのです。まずは大きなイメージを持つことが大事です。